*All archives* |  *Admin*

2008/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お・と・も・だ・ち
  私たち 合わせ鏡ね お友達

             あなたの心 私の心


  ビオラ 
  【独り言】・・・私の親友のmayumiさんに捧ぐ♪
          彼女はブログを立ち上げるお手伝いをして下さいました。
          何処と無く私と似ています。。。
          今日12月17日は彼女のお誕生日です。おめでとう!
          私からのささやかなプレゼントです
          ビオラの花に心を籠めて★

        あなたと私 お友達      

     幼い頃から お知り合い

     共に笑って 悲しんで

      笑顔も一緒 涙もね


     学び舎通い 手を振って

   「おはよう」挨拶 交わしたね

      学び舎去る日 手を振って

   「さよなら」言えず 別れたね


     あなたの心 です

        私の心 あなたです


    お互い気持ち 分かり合い

     苦楽も共に 分かち合い

      合わせ鏡の お友達

      大事な大事な お友達
心の凪・・・
   静寂が 波路さざ波 凪となり

            心のリズム 粛々刻む


  凪の景
  波路:なみじ 粛々:しゅくしゅく 潮の音:しおのね
  【凪】・・・風が静まり波の穏やかな状態
  【独り言】・・・心の変化を凪で表現してみました。
    
   静かなる時 海流れ

    浅瀬さざ波 色零し

       小舟は風に 身を委ね

         遠くに潮の音 囁けば


   ・・・空よ 海よ 風よ 波よ・・・


   静寂のリズムが

   メトロノームとなりて

   優しく 穏やかに

   繰り返し 絶え間なく

   小刻みに 波打つ


   やがてそれは 凪となり

   全ての闇を 沖へ流す

   心の中の 真の振り子が

   静止するかのように

   粛々と粛々と・・・

お八つ
      箸数本 ころげて笑う お八つ時

  お八つ
  お八つ:おやつ 処:どこ 
  【お八つ】・・・江戸時代の和時計で午後二時から四時のことを「八つ」
  と言い接頭語のオがついたもので、間食を指したことが始まり

   気の合う 友と二人して

    出掛けた先は お八つ処

      江戸の和時計 読んだなら

       ちょうど2時過ぎ お八つ時


   気の合う 友と二人して

    出掛けた先は 和の風情

       江戸の暮らしを 感じたら

        ちょうどお腹が お八つ時


   甘い匂いに 二人して

    箸もころげる 間柄

      お喋り添えて 花が咲き

       ちょうど心も お八つ時


   お八つ・八つ時 江戸の風

            今に伝わる 癒し風



ありがとう♪
  命問ふ お歌に当てた 贈り物

        母の生まれし その日に届く


  たんぽぽ
  【独り言】・・・早朝、息子から昨日の「安らかに。。。」にコメントがありました。
          嬉しくてついついお歌を詠んでみました。
          完全な親バカですね!(笑)

   命問うた母の歌

   あなたはちゃんと見てくれた

   命について自分なり

   感じたままを書き込んで

   命の重さ見つめたね


   母が生を受けた日に

   あなたの言葉プレゼント♪


   命が尽きたその後も

   楽しい日々を送りたい

   あなたらしい言葉だね


   苦しい事も楽しさに

   変えて行けるあなただね

   不思議な魔法持っている


   あなたの命耐えるまで

   あなたらしくハツラツと

   命の重さ次世代に

   伝えて欲しいあなたから


   ありがとう!の言葉添え

   今日は母からお返しね
  
  
安らかに。。。
  たんぽぽの 綿毛となりて 風に乗り
        
          天に召されし 愛しき御霊


  綿毛
  御霊:みたま 抱かれ:いだかれ
  【独り言】・・・近頃、命を問う出来事が多々あります。心が痛みます。。。
       愛された命は御霊となりて安らかに天に召される事でしょう。。。

   命あるもの 限りなく。。。。。

   愛の聖水 注がれし

   光満ちたり 呼吸して

   差し伸べられた 温かき

   血潮流れる 手のひらに

   抱かれ眠る その日まで


   綿毛のように 儚くも

   息吹きたりて 見送られ

   全うするは 我れ命

   御霊となりて 風に乗る


   命あるもの 限りなく。。。。。

   慈愛のベール 包まれし

   たんぽぽ綿毛 天に舞う


   命あるもの 限りある。。。。。

   心静かに 手を合わす

   天に召され 安らかに

   
プロフィール

里

Author:里
ゆっくり・焦らず・ぼちぼちと。。。
亀さん歩幅でのんびりと。。。
お歌を背負いどっこいしょ!

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。