*All archives* |  *Admin*

2009/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★パンプキン★
  お化けだぞ~
   パンパンパンの パンプキン
     子供行列 今日はハロウィン


  ハロウィン
  【独り言】・・・10月31日はハロウィンです★
          折り紙でカボチャ・ドラキュラ・魔法使いを折って
          みましたよ~♪ 里にもお菓子ちょうだい~ 

  パンパンパンパン パンプキン  

  今日はハロウィン パンプキン  

  いたずら好きな お化けだぞ~ 

  仮装行列 ゾロゾロと 

  「お菓子ちょうだい」 練り歩く  

  キャンディー クッキー チョコレート  
 
  甘い香りで 嬉しいな~ 

  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

  パンパンパンパン パンプキン 

  今夜のメニュー パンプキン 

  スープ グラタン パイもある 

  お腹の中が パンプキン 

  βカロテン ビタミンE 

  栄養満天 ヤッホッホ~ 

  かぼちゃ尽くしで パーティーだ
 
スポンサーサイト
僕はフクロウ
   フクロウが の闇を 透視する 

  フクロウの眼
  【独り言】・・・このオブジェはフクロウの眼を表しています。
          闇夜に生きるフクロウは何でもお見通し。
          心の中も全て見えてしまいそう。。。
          あなたなら何が見えますか?

       見える見える 何が見える?

        君の心が 見える


     僕は夜行性の フクロウ


    大きく光るで 透視するのさ

    君が今 何を考えているのか?

    君が悩みの種を拾った瞬間を

    僕はこので しっかり見てるよ


     見える見える 何が見える?


  その悩みの種を 僕が食べてあげるよ

   僕の尖った口ばしで 全部きれいに

     君に立ち込めた 闇の世界を

     僕は羽ばたいて 夜に生きる


     見える見える 僕はフクロウ
★☆ 金平糖 ☆★
   金平糖 想ひ出ころろ 箱の中 

  金平糖
  若苗:わかなえ  君恋ひ初めし:きみこいそめし
  色しるべ・・・今の自分が直感的に良いと思った色を選び
          運勢を占うもの
  【独り言】・・・この金平糖は私の大切なお友達からの素敵な
          贈り物です。
          “ありがとう”の気持ちをお詩に託して。。。

  色しるべかな 金平糖~★
  ひと粒 星粒 ころ こころ
  占い星が 箱の中


  桜ほんのり 金平糖~★
  君恋ひ初めし くちびるに
  春の訪れ べにの色


  若苗の色 金平糖~★
  芽吹くいのちの 爽やかさ
  そよぐ羽衣 風涼し

金平糖

  真白き根雪 金平糖~★
  真冬咲きたる 雪の華
  しんしん積もる 化粧箱

  
  ころころ ころろ 金平糖~★
  ひとつ ふたつと 口の中
  想ひ出溶けて 夢砂糖


  
  十五夜
★金木犀★
   星屑が 寄り添いながら 金木犀

  金木犀
  【独り言】・・・我が家のお庭の金木犀が咲きました。
          仄かに香る自然のアロマ★
          星屑を散りばめて秋が過ぎて行きます。

    きらきら光る 金の星

    お庭の中の 小宇宙

    流れるような 星屑が

    寄り添いながら 輝いて

    アロマの香り 漂わせ

    秋の訪れ 部屋中に

    運んでくれる 金木犀


          


    風のいたずら さやさやと

    銀河きらめく 流れ星

    お願い事を しようかな?

    花占いを しようかな?

    ポプリになって いつまでも
 
    あなたの元へ 風に乗り

    届けてあげる 金木犀
里の秋
     里の秋 人の暮らしに 実り色

  
  黄金色:こがねいろ 紅:べに 鴇の色:ときのいろ
  【独り言】・・・山肌を秋が駆け足で降りて行きます。
          人の暮らしに実りの色を零します。

  山から秋が 降りて来た

  山肌縫って 降りて来た

  里へ里へと 降りて来た

  人の暮らしに 降りて来た


   ・・・  ・・・  ・・・  


  稲穂の小判 黄金色

  紅のかんざし 曼珠沙華

  秋桜揺れる 鴇の色 

  すすきの刷毛が 空を塗る

  
   ・・・  ・・・  ・・・ 


  栗の実 団栗 猫じゃらし

  川はせせらぎ 口ずさみ

  田舎の匂い 風に乗り

  民家に煙る 夕餉の火


   ・・・  ・・・  ・・・ 


  柿色染まる 西の空  

  働く人は 汗拭い

  実りの秋に 感謝して

  鎮守の森に 手を合わす


   ・・・  ・・・  ・・・ 

プロフィール

里

Author:里
ゆっくり・焦らず・ぼちぼちと。。。
亀さん歩幅でのんびりと。。。
お歌を背負いどっこいしょ!

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。