*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雲の流れに。。。
  お義父さん 今を生き抜く 姿あり
       
         雲の流れに を感じて


  空
  【独り言】・・・お義父様は四ヶ月前アルツハイマーと診断されました。
          過去と空想の世界を行ったり来たりの日々・・・
          そんなお義父様が昨日、お部屋から見える雲の流れに
          感動し自然の恩恵に感謝していました。
          その時のお顔はとても幸せそうでした。


  病に臥して 四ヶ月

  夢であればと 願う日々

  掛ける言葉も 見つからず

  小さき背中 車椅子

  押してあげるね お義父さん


  紅梅

  
  過去へと続く トンネルを

  行きつ戻りつ 繰り返し

  亡き戦友を 思いやる

  詫びる涙は 哀しみの

  色となりけり お義父さん


  土筆


  今の現実 何処へやら

  空想世界 旅をする

  の流れを 慈しみ

  草木の成長 尊んで

  見つけたり お義父さん

 


  
Secret
(非公開コメント受付中)

病室の窓は寂しいものです
里さん今日は、もう4カ月にも成るのですね
月日の経つのは早いと云いますが、病院の一日は本当に長いと思いますよ、特に夜はねv-393
私も何度となく経験しましたが、其れに孤独になりますからね
見えるものと言えば窓からの景色だけですからね
私の母親も行年99歳でしたが、良く自分の子供の頃に戻っておりましたよv-394

介護する里さん、お詩にも書かれている様に「掛ける言葉見付からず」其の気持ち本当に良く分かりますよv-392
空想の時でも病だけに、お義父様を嗜める事も出来ずですよねv-406

其れにお義父様は、里さんだけを充てにしているのですから今後とも出来る範囲で介護を頑張って下さいねv-421
きっと気持ちは通じると思いますからv-432v-422
お義父さまは、幸せ者
里ちゃんに看病してもらえる、お義父上は、最高に幸せ者です。
と思います。
脳溢血で倒れ長い間入院していた父の事を思い出しました。病人は我がままでした。ー以後省略-
上手に書けませんが、出来るだけ優しく看病して下さい。きっと、雲の流れのように安らかな気分になられ、口に感謝の念を出されなくても分かってくれている筈です。
うまく云えませんが、看病疲れで倒れないようにーーー
お大事に!
お義父様の笑顔が嬉しくてお詩に詠んでみました (●^-^●) 

e-416 ごろご爺やさん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごろご爺やさん、一番コメントありがとうございますね e-466
こんなお詩を私が詠んだので、皆様コメントし辛いと思います v-390

私は今の気持ちを現状をありのままお詩に託してみました v-295
昨日、お義父様はとっても嬉しそうなお顔をしてくれたんです v-398

記憶が定かではないと言うのに、私の事もちゃんと覚えて下さっています v-398
空の流れる雲を見て面白いとおっしゃいました v-311

雲や風は同じものが二つと無いともおっしゃられました v-352
そんなお話を聴いていると、アルツハイマーではないのではないか?
とさえ思ってしまうほどです。しかしこれ以上良くなる見込みが無いのも事実なのです。

雲を眺めて、草花に春を感じるお義父様をとても愛しく思いました e-420
私は私の出来る範囲でお手伝い出来ればと思います v-22 

。。。雲はみな 同じもの無い 人もみな。。。 v-439

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
流れる雲に喜びを感じて・・・ (#^.^#)

e-416 筑穂の松ちゃんさん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松ちゃんさん、励ましのお言葉ありがとうございますね e-466
四ヶ月前、頭のお写真を先生から見せられた時は言葉を失いました v-390

歩く事すら、トイレに行く事すら出来なくなってしまったのです。
感情も日々変化して介護する側も戸惑うこともあります v-390
頭の中は過去と空想の間を彷徨って
そのお話を聴いてあげる事しか出来ない私です。

何か出来る事から私なりに。。。

昨日のお義父様の笑顔がとても嬉しくてお詩に詠みました v-295

。。。お義父さん にこり微笑む 春の雲。。。 v-277

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
No title
こんばんわ、

 看病、大変なことと思います、我が家でも妻に大変な苦労を掛けたので、御苦労がしのばれます。

 でも良く解釈すれば、死の恐怖を取り除く、天の配剤かもと、思います。
 ・いつの日か誰もが辿る道なれば心定めて今日を往かなん
ご無理なさらず、お大事に・・・・・
幸せなひと時を・・・。
何もかも忘れ 何もかも出来なくなるのではなく 忘れても輝いている時があり幸せもある。。。と思います。
正に 里さんと一緒の時が幸せなのでしょうv-410

アルツハイマーの勉強で「スローグッドバイ」という言葉と出会いました。
大切な家族と ゆっくりしたお別れをしている時間だそうです。

里さん 無理をせず 楽な気持ちで接してあげてね。。。
今を確かに・・・
里さん、お疲れさま。
いつも変わりなく繰り返す日々、日常の一部にある介護
ご心労、いかばかりかと拝察いたします。
そのなかでも、里さんは明るさを見つける。
そこが里さんの、素晴らしいところ。見習う思いです。
今回の心ある「詩」からその日常が伺えます。
そして、里さんを通して世の介護に当たる方々にも思い及びます。
現実を見つめ、今を確かに生きる里さんのメッセージ
私にも何かをもたらしてくれます。ありがとう里さん。
どうかご無理なさらずに…

介護、このかけがえのない時を「確かに…」
何もいえる私ではありませんが、心寄せています。
*念ずれば花ひらく
 …言葉のつながりに感謝してこの言葉を書いてみます。
アルツハイマー
私の母もアルツハイマーと診断されてから
6年、段々病状が進んでいくのを
母への感謝と、命の不思議さと尊さ
繰り返される昔話に付き合い
序々に衰えいく姿を
見ながら、お見舞いを続けました。

96歳の自分の歴史を携えて
旅立ちました。
お身体大切になさって下さいね  m(u_u)m

e-416 柏ぽこさん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

柏ぽこさんもご病気されていましたよね e-376
その後お身体のお加減はいかがでしょうか? i-260

病室の天井だけを見つめる生活ほど辛いものはありませんね (。-_-。)

お部屋から見える唯一の景色が心の拠り所なのかもしれません e-419

健康あっての毎日・・・私も身に染み入ります e-466

柏ぽこさんもどうぞご無理なさらないようにお気を付け下さいませ v-435

。。。病から 命見つめて 生き抜いて。。。 v-22

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スローグッバイ。。。 (-ω-)

e-416 misaさん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スローグッバイ・・・言葉の響きも何だか優しいですね e-420
素敵な言葉ありがとうございますね e-466

お義父様の時間は今ゆっくり流れています v-247

過去へ戻ると辛いことばかり想い出しています v-390
空想の中はまるで宮崎駿さんの映画のようなのです v-410

私は空想の世界を語るお義父様が好きです v-398
猿や狐や猫が輪になってお話するそうですよ~v-526v-528v-283

お義父様が少しでも楽しい気分になって下さる事が何よりも救いです v-421

。。。流れ行く 時に身を置く お義父さん。。。  v-250

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大層なことは何一つ出来ていません (*-ω-) 

e-416 あきこさん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あきこさん、私は大層な事は何も出来ていませんよ v-390
病名を聞いてから約四ヶ月、うろたえてばかりの日々でした v-393

結局独りでバタバタしていたようにも思います v-394
私自身も落ち込んでしまって希望が見えませんでした。
泣いてばかりの日々でした v-406

先日“前向き”にという散歩道のお詩詠んだと言うのにお恥ずかしい v-390

まだまだ人間出来ていませんね v-435
周りの支え無しには介護は成り立ちません v-430

私もお義父様のご病気で様々な事を学ばさせて頂いております v-295

。。。現実に 目を背けずに 前向いて。。。 v-106

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お母様、どうぞ安らかに。。。 m(u_u)m

e-416 tosiさん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tosiさんのお母様は去年お亡くなりになりましたね v-390
6年間という歳月、病状と向き合いご家族のご心痛も大変なもの
だったと思います  (-ω-)

お母様は仏様にお近づきになられたのだと思います v-421
純真無垢な子供に還られたのではとも思います v-206

お母様の想い出の中にtosiさんのお優しいお姿もちゃんと残っています v-410

今はただ安らかにご冥福をお祈りするばかりです e-459
tosiさんからのさりげない励ましのお言葉いつも感謝しております v-435

。。。想い出を 胸に抱いて 逝った母。。。 e-420

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
里さん今晩は
大変ですね。
こんな時掛ける言葉を知りません。
看護も大事ですが、自分の体も大事ですよ。
それに義父さんも優しい里さんに看護されて幸せですよ。
しかも詩まで詠んで貰えて。
今日はダジャレ無しです。
No title
今晩は!
私の母は84歳で亡くなりましたが 段々と無垢な子供に
帰って行くようでした。 時々聞き分けの無い駄々っ子にも
成りましたが(笑) 何れ自分も行く路とも思いながらそれでも
そばに付く者は 何かと気苦労もあると思います。
大変でしょうが 里さんも 御身体無理の無い様 ご自分も
労わる事は忘れないで下さいね!
お詩で気持ちを残しておきたくて (*^.^*)

e-416 駄洒落川柳さん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

駄洒落川柳さん、先日お義父様にお逢いした時正直驚いたのです v-405
窓から見える風景を眺めて感動の言葉を発していたので v-398
その時の嬉しそうなお顔が忘れられなくて、どうしてもお詩に残したくて v-295

私は日々感じたものをありのまま文字に託して行きたいと思っております v-410
v-22 お義父様・両親・家族・お友達のこと・恋詩・童謡詩・・・v-432

駄洒落詩って言うのもあったような気がしますね v-392
これからも駄洒落川柳さんの駄洒落で私にお茶屋の皆様に笑顔
与えて下さいね v-421

。。。感動を 言葉に託し 日々記す
          里のお茶屋は 駄洒落もOK。。。
v-426

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
。・゚・(ノε`)・゚・。
里さん、ご無沙汰しちゃってごめんなさい<(_ _)>

お義父様、そうだったんですか・・・
お辛い日々ですね・・・

アルツハイマーは、自分である程度記憶を失っていくのが分かるそうですね。ご本人も辛いと思います・・・

なんて言葉をかけていいのか迷いますが、里さんのような優しい方に看病され喜んでいるのではないでしょうか・・・

里さんも体調崩されませんようお気をつけて・・・
水中花浮かべて空を眺めて・・・(*^_^*)

e-416 美和さん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美和さん、お義父様は子供のような心に戻ってしまわれたのでしょうね v-205
水の入ったコップにお花を浮かべて水中花を楽しまれていました v-299
お散歩の途中でお花を見つけられて持ち帰りそのようにしたと v-410
花が枯れたらその水を撒くとまた芽が出てくるのだと i-265
以前では考えられない行動なのです。

その時のお顔も雲を眺めた時のような子供の瞳になっていました i-84
その優しいお顔がとても印象的でした v-410 
介護もゆっくり 焦らず ぼちぼちと・・・なのでしょうか v-300

。。。春が咲く 浮かべて嬉し 水中花。。。 v-254

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オリーブさん、泣かないで~~~Σ(゜□゜;)

e-416 オリーブさん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オリーブさ~ん v-321 大丈夫ですか~v-321
どうか泣かないで下さいよ~v-321

実は私も相当泣きました v-406 
だけど一番お辛いのはご本人なのです v-390
時折、お家に戻りたいと言われてぐまれます。  
そのたびに後ろ髪を引かれる想いで帰って行く私です (。-_-。)

さくらの季節、お義父様にも綺麗なさくらを観せてあげたいですね v-252

お義父様がご病気になられて、生命あるものの生死についてまた改めて
考える機会を与えて頂きました e-466

。。。我が記憶 時空旅して 今むかし。。。 v-247

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
遅ればせですが、、、
里さんのこのお詩 気がついてましたがコメントできないでいました。
童女になり発語すらも出来なくなった母通って来た道です。
里さんに見守られるお義父様は幸せです。
里さんご自身も健康に留意して今のときが長くありますようお祈りします。
介護も大変でしょう
人間は年老いていけば、さまざまな病になっていきます。
その病と戦って生きたいらっしゃるお義父さんに、温かい介護をされている姿を思っています。
とても心打たれる詩と写真です。きっとお義父さんも自然の美しさを全身で感じ、温かい介護に感謝しているのではないでしょうか。

    暖かな 春の日ざしを 浴びながら
      雲の流れに 身を任せたい
Pu'uwaiさんもお身体大切に  m(u_u)m

e-416 Pu'uwaiさん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が娘に介護して頂けるお母様もお幸せだと思いますよ v-390
自宅介護は多大な労力を強いられます。
力仕事と言っても過言ではありません。
トイレ・食事・入浴・着替え・・・どれを挙げても大変な事です。

Pu'uwaiさんはそんな中にもご自分の時間を見つけられて楽しみを
見出して
いらっしゃいます v-398
ご主人様も協力的でお優しくて本当に良かったですね。

介護は先が見えません。
どうかどうかご無理なさらずご自分を大切になさって下さいね e-466

。。。お母さん 純な心の 子になりて。。。  v-206

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
命を見つめて。。。 (。-_-。)

e-416 飯豊のぎふちょうさん e-416

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぎふちょうさん、温かいコメントありがとうございます e-466
お義父様がアルツハイマーになって家族で命について考える機会
多くなりました。
辛くてやり切れない時、命を粗末にするような言葉を言ってしまう私です v-390
命の尊さを自分でも経験していたはずなのに情けなく思います。

お義父様は今を精一杯生きられています e-420
自然の恩恵に素直に感動し感謝する v-398 i-260
その純粋な気持ちから人としてあるべき姿学びます v-295

。。。尊さを 背負う命の 重さかな。。。 e-198

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
プロフィール

里

Author:里
ゆっくり・焦らず・ぼちぼちと。。。
亀さん歩幅でのんびりと。。。
お歌を背負いどっこいしょ!

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。